RoHS 指令対応について

RoHS指令対応マネジメントシステム

株式会社フォービットでは、≪RoHS指令対応マネジメントシステム≫を運用し、当社製品を製造するために調達する部材、包装資材、その他の物品について、RoHS指令で規制されている物質の使用状況や、含有量調査を継続して実施しており、規制物質が含有している場合は代替品の検討などを行い、該当物質の排除に努めています。その結果、一部製品を除きRoHS指令対応を完了致しました。
また、今後発売される新製品については、設計段階から考慮し、発売当初よりRoHS指令適合製品として参ります。

≪RoHS指令対応≫
EU Directive 2002/95/ECに基づき、対象6物質の適合判定には、次の基準を用いています。

  1. 鉛及びその化合物・・・・・・・・・・・・・・1000ppm以下
  2. 水銀及びその化合物・・・・・・・・・・・・1000ppm以下
  3. 六価クロム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1000ppm以下
  4. カドミウム及びその化合物・・・・・・・・100ppm以下
  5. PBB・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1000ppm以下
  6. PBDE・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1000ppm以下

※適用除外用途については閾値の適用対象といたしません。

2006年06月01日 制定
2007年02月01日 改定
株式会社フォービット